QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
わたし
ゆきっぺ♪
ゆきっぺ♪
まぁ、ええか
メールはこちらへ

2016年04月30日

お醤油の街並






北ですか? 南ですか?


「今日は、南やな」という意見を尊重して、





お醤油の街、湯浅へ。


湯浅には親戚が居たので、何回か行っているものの、





観光で訪れるのは、始めてのこと。








いたる所に路地があって、


こんな細い道で、ロウ石で絵をかいて「ケンケンパッ」したり、


ゴム飛びをしたりした子供の頃を思い出した。







駅前から路地を抜けていくと、殆どが繋がっているから、






普通の家に飾りつけてある古い道具なんかを見ながら、


退屈せずに歩けるタイムトリップしたような街並み。




その中でも、お醤油よりも興味深かったのが、





お風呂屋さん。







番台がそのまま残されていて、


「お母さん、交代するからご飯、食べてきなさい」


と言うお父さんの声が聞こえてきそう。


時間ですよ!のドラマを観て、


一度でいいから番台に座ってみたい男性が多かったろうな・・・




お風呂の中は、タイル張りで、





深いお風呂と、浅い子供用のお風呂が繋がっている穴の近くは、


子供用のお湯が熱かったもんだ。



奥の居住空間には、古い道具が保存されていて、





実際に鳴る蓄音機。



どこの家にもあったような、





衣桁。


この下に、お座布団が重ねてあったりした。







10円の、マッサージ器。


「フジ」と書いてあったから、今のフジ医療器かも?(エエ加減な想像)





二時間、たっぷりと歩いて、


戻ってきた駅のそばで、





しらす丼の遅いランチ。


(生のしらす丼が頂けるお店は、行列であきらめた)





高速を使ったら、一時間ほどで着いて、


半日遊べて、





駅からも坂も無くて、楽に散歩の出来る街並み。





今度行くときは、


もうちょっと下調べをしてから、行きましょうか~♪




  


Posted by ゆきっぺ♪ at 17:51Comments(4)家族