QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
わたし
ゆきっぺ♪
ゆきっぺ♪
まぁ、ええか
メールはこちらへ

2016年04月29日

未来予想図Ⅱ







中だるみがあったものの、


後半は一気に読み終えた一冊。







今どきの高校生がどんな風にお付き合いをしているのか、


私には想像できない。


「恋愛なんて、している場合じゃない」と受験生は思うかもしれないし、


「一番きれいな今、自分の気持ちにウソはつきたくない」


という子もいてるかもしれない。


クラブの先輩後輩、同級生、制服の違ったカップル・・・


たくさんの選択肢がある青いころ。





各書評には、賛否があって当たり前やけれど、


読んでおいて良い一冊かなと思う。


「君」「僕」も不自然には感じなかったし、


「僕」の名前の表現が、どんどん変わっていくのも気にならない。




彼女の亡くなり方に少しだけ呆気なさは有るけど、


その後のストーリーの展開が面白かった。




読み終えて、また最初に戻ってからも、(二度目 がはは)


また違った味わい方が出来る。





純文学の匂いはなくて、劇画タッチな表現が多いけれど、


漫画にしてしまうと、想像力が半減するから、


これはこの書き方で良かったんかな?と。





読後感想文の宿題は、は子供の頃から大の苦手だったから、


ストーリーへの感想は書かないでおこう(実は、よう書かん・・・)





読み終えて思い出した曲は、


「未来予想図Ⅱ」


こんな風になって欲しかったと思う、親みたいな気持ち。






  
タグ :君の膵臓を


Posted by ゆきっぺ♪ at 11:09Comments(0)♪音♪